ゲームアンティーク2020Ver.2.0感想と今後の予定

 今回はイベントの規模縮小という形での開催でしたが、参加された方はどうだったでしょうか?
 欠席サークルもぼちぼちあった中、雰囲気としてはいつも通りだったかなと思います。
 サークルスペースも2スペース分で隣との距離を保ち、ビニールの飛沫防止対応、サークルごとの仕切り対応までされていて、主催者の開催に対して並々ならぬ意気込みを感じました。ありがとうございました。
 
 一般参加は2月のときより更に減った感じかなとは思いますが、時間が1時間短くなったのもあり、平均では余り変わらなかったかなとも思います。

 さて、いつもの当サークルにおける売り上げ等の話ですが、金額的には前回の2月より35%減と言ったところでしょうか。ただ、いつも一般参加される方が何人も参加しないことを宣言されていたのもあり、その方たちのBOOTHで購入もあったので、事前予約分を含めると20%減といった感じです。規模縮小の影響よりも、まだ参加は感染の危険があると判断された方が多かったのが理由と推測できます。

 売れた本の傾向としては、将棋ソフト関連が今回9割近い割合でした。結果を見たときも、まじで?って感じでした。
 新刊が一眼売れたのは間違いなのですが、「対局可能将棋ソフト名鑑Vol.1」が同Vol.3とほぼ同じ部数売れたというのも大きいですね。うちで刊行したなかでも3刷りまで行ったのはこれが初なので、うれしい限りです。Vol.1で気に入った方は、Vol.2、3と読んでもらえるとうれしいです(宣伝)。

 今回、半分ネタで将棋盤と駒を置いておきましたが、2局指すことができました。対局された方、ありがとうございました。結果的には当方の2勝でしたが、まあ本を書いている手前、余り弱すぎると問題があるなと思いますので。威厳?は保てたのかなと思います。
 対局内容云々はさておき、たまには人と指すのもいいものだねって話はお互いの共通認識だったようです。
 普段目にすることが少ないのか、対局風景を見る方もちょこちょこいましたので、次回もどこかでやろうかなと思います。売り上げにはほとんど貢献しませんでしたがw

 イベントの話として最後に1つ実感したことを。
 将棋のルールもわからないし、将棋にそこまで興味はないという方がたまたま本を手に取ってくれました。普段興味ないとネットで検索することもないので、当サークルの存在など知るよしもなく。そうなると、イベントでの一期一会が非常に重要な役割を担っています。
 応援のためと言うことで対局可能将棋ソフト名鑑シリーズ全部お買い上げいただけましたが、こういう方たちを発掘できるのがリアルイベントの大きな役割だと改めて思いました。

感想はここまでとして、次回ですが・・・・
12月にWeb開催のゲームトレジャーに参加予定です。
さすがに物理本の新刊は用意できませんが、ダウンロードでの対応は1冊ぐらいなら出せるかもという感じです(全くノープラン状態です)。

来年に関しては、2021/9/19のゲームアンティークへの参加は自分の中で確定しています。
ゲームレジェンドに関しては、今年は当初の予定通り不参加(理由は変わっちゃいましたけど)。11月開催予定の様子を見て来年のことを考えます。

それでは、また次回もよろしくお願いします。

[出展情報] ゲームアンティーク2020Ver.2.0出展&新刊情報

こんなご時世ではありますが、イベントがありますので出展します。

ゲームアンティーク2020 Ver. 2.0
日時 : 2020/9/13 13時~16時
場所 : 大阪 此花会館(いつものところです)
詳細はこちらをどうぞ
http://www.yonkoma.com/rg/outline-rg.html

当方は、スペース番号22 「ゲームよろずや うたたね」で出展します。

それでは、新刊情報です。

新刊
 対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.3 ~90年代次世代機編~
 92P 1000円

 1年半ぶりの続刊です。PS1を中心に、SS、DCなど全71本の棋力チェックとレビューを行いました。
 ボリュームは前回の倍ぐらい。お値段据え置きでお届けします。
 付録的なものとして、詰将棋についても掲載しています。
 
 また、現地購入者には小冊子をお付けします。まだ制作中なので内容は書けませんが(2本立てのうちどちらにしようか悩みながら作ってる)、16~20Pのコピー誌です。
 BOOTHでも2020/9/10までに予約購入していただいた方にもお付けします。

 URLはこちら
 https://czka.booth.pm/items/2338750

 BOOTHにも貼って貼りますが、サンプルはこんな感じです。

 
既刊 + 新刊
 将棋ソフトの世界 創刊号~2020年9月号
 全部で150Pぐらい?  500円
 
 奇数月28日にBOOTHのみでリリースしている電子書籍(PDF)の本をセットにしたものもだします。
 何とか間に合いそうなので、いち早く9月号もまとめて出します。セット販売ですので、3冊分ぐらいの金額とかなり安くしています。
 メインは最近の将棋に関連する新作ソフトの紹介、機種別リーグ戦と銘打った同一機種でのソフト同士の対局を観戦記事風の内容です。
 
 こちらはあまり数を用意しませんので、気になる方はBOOTHにてサンプル画像を確認いただければと思います。
 また、こちらも会場限定でリーフレットもお付けします。半分ネタのようなものなので、気楽に読んでもらえればと思います。
 
 
 既刊
  将棋ソフト系
  対局可能将棋ソフト名鑑(残り僅か) Vol.1 500円
  対局可能将棋ソフト名鑑(残り僅か) Vol.2 1000円

  PCエンジン系
  弁慶外伝 非公式ガイドブック 2500円
  天の声バンク メンテナンスマニュアル 500円
  武田信玄 紹介絵巻(残り僅か) 500円

  その他
  武田信玄 トートバッグ(残り僅か) 2000円
  武田信玄 Tシャツ(XL)(残り僅か) 2500円

  残り僅かと記載しているものは本当に残りわずかです。
  2020/9/10までBOOTHにて併売しておりますので、チェックしていただければと思います。
  注意点として、新刊と同時購入の場合はまとめて2020/9/14以降に発送予定です。お間違えなきようお願いします。
  
今回は状況上、参加しようかどうか迷っている方も多いかと思います。
ですので、新刊に関してはBOOTH専売の割り当て分も多くしてあります。
多少のサンプルは置いてありますが、中身をほとんど確認できずの購入となりますのでリスクはあるかと思いますが、過去作を読まれている方には大丈夫かと思います。ノリはいつも通りです。
既刊もBOOTHを優先としますので、現地売り切れの際はご容赦ください。

BOOTHはこちら
https://czka.booth.pm/

イベントに参加できそうな方は遊びに来てください。無理そうな方は、BOOTHでチェックしてみてください。

[BOOTH] 手数料値上げに対する価格値上げについて

BOOTHにて本等のご購入、いつもありがとうございます。

来る2020/8/26より、BOOTHの手数料が値上げされます。
くだらない情報商材のせいで、健全にやってきた同人関連が被害を被った形になります。

手数料値上げについてはこちらより詳細をご確認ください。
https://booth.pm/announcements/452

それに先立ち、申し訳ありませんが8/24より出品している印刷本はイベント会場頒布価格(以下、イベント価格)より1割アップという形をとります。
現時点ではイベント価格の4~5%増しで出していましたが、手数料が更に2%アップ+22円引かれるため、このぐらい上げないと更に赤字になるためです。

現時点の手数料に関する計算式は以下の通りで、イベント価格500円の本を売って返ってくるのは500円未満です。

元々は3.6%の手数料ですが、商品+送料に手数料がかかる(端数は全て切り上げ)ため、より引かれます。

同じ計算式で今回イベント価格の1割増しになった場合、500円の本は550円となりますが、
手数料は(550 + 370) * 0.056 + 22 = 73.52 →74円
なので、実際には550 – 74 = 476円です。
梱包材などもあるので実際には450円ぐらいですが、そこはまあ考えないってことで。

一応、実情を考慮した上での値上げですので、ご理解いただければと思います。

今のところ店舗への委託頒布は行っていませんが、今後もやらない方向です。
万が一多くの希望が集まったら考えます(大体3割増しになります)。

今回の当サークルの値上げは印刷本のみで、ダウンロード販売、グッズに関しては据え置きの値段のままとします。

それでは、今後もゲームよろずや うたたねをよろしくお願いします。

[新刊] 将棋ソフトの世界2020年3月号発刊しました

今回もギリギリになってしまいましたが、なんとか完成しました。

BOOTHはこちら
https://czka.booth.pm/items/1929600

大雑把な内容はこんな感じです。

・棋士・藤井聡太の将棋トレーニング 紹介
・機種別リーグ戦 FC編後半
・Switch版千里の棋譜 レビュー
・将棋ソフト紹介
・詰将棋

今回の目玉は千里の棋譜のレビューです。
他にも色々書かれている方がいますが、一切それらを読まず自分の感覚だけで書いていますので、同じような視点の人でもまた違った感じになっているかもしれません。

あと、番外編としてゲーム内に登場する「ねこまど将棋教室」にも実際に訪れてきましたので、体験記みたいな感じで書いてみました。こういうところに行くのは初めてだったので、色々楽しかったです。

後は、機種別リーグ戦 FC編の後半戦。
今回も面白い結果が出ているので、前作と併せて読んでほしいなと思います。

今号もよろしくお願いします。

BOOTHはこちら
https://czka.booth.pm/items/1929600

[雑記] ゲームアンティーク2020の感想と今後の予定

今回も当スペースにお越しいただきありがとうございました。

まずはイベント全般の話。
新型コロナウィルスのせいなのか、入場者もいつもより少なく感じ、かなり静かな立ち上がりでした。
少し遅れて13時~13時半ぐらいにはそこそこの人が来ていましたが、ゲームレジェンドのようにぎゅうぎゅう詰になるようなこともなく、ざっと見はゆったりしていたと思います。
あと1回14時半ぐらいから少しまた人が増えたかな?ということはありましたが、全体的に人数は低調だったと思います。
パンフは事前に一部で売られていたせいかどうかはわかりませんが、売り切れのアナウンスもなかったと記憶しています。

自分のところの売り上げ(委託品除く)だけを見ると、前回の新刊がなかった2019/11のゲームレジェンドと同等の売り上げで、ゲームアンティークだけで見たら、過去最高の売り上げでした。
弁慶外伝本やTシャツなど単価が高いものがあったのと、あすか120%勢が思ったより多く来てくれたおかげで新刊が7割以上売れたのが要因かなと。
いつもの名古屋からではなく東京から前入りということもあっていつもより出費が多かったのですが、東京遠征費とあまり変わらない金額に抑えられたのでよしとします。
まだ赤字体制ではあります(グッズは確実性がない限り作らないですw)が、長く続けていって本の制作費がトントンになればいい認識ですので、これからもやれるだけやっていきます。

売上など具体的ではないにしろ書くのは世間的にはどうか知りませんが、特にしがらみもありませんし、同人活動ってこんなもんだよってのがわかってもらえればいいかなと。こんなことを前も書いた気がしますが。
今後もやりたいことやっていきますので、ついてこれる方はこれからもよろしくお願いします。

今回もいろいろな人とお話しできましたが、ついに「将棋ソフトの人」といわれるようになったので、PCエンジンに注力していた去年をイメージが上回ってしまっているようです。
年1冊はPCエンジンの本出しますので、お忘れなきようw

さて、今後の活動ですが・・・

2020/8/15 ゲームアンティーク2020 Ver.2.0(大阪)
新刊:対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.3~次世代機編~(仮)
2020/9/20 ゲームとレジャー3(札幌)
新刊:将棋ソフト機種別リーグ戦 ファミコン編(将棋ソフトの世界で連載中のまとめ本)
という感じです。

対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.3に関してはPS1、SS、DCを。間に合えばWS、NGP、NG(CD)、3DOを入れた1冊になります。
今のところ全部入れておまけ要素も入れると100ページぐらいに収まる予定(現時点で90Pを枠で埋めている)で、会場頒布価格は1000円を予定しています。

後者の「将棋ソフト機種別リーグ戦 ファミコン編」は、電子書籍専売で出している「将棋ソフトの世界」で連載中の「機種別リーグ戦」ファミコン編のまとめ本です。
創刊号はこちら  https://czka.booth.pm/items/1788780

間に合えば、PCエンジン編も作ります。
製本した形で500円/冊の予定です。

また、4月より大須クリエイトスペースにて同人製作を月1回ぐらいは行う予定です。その際に何冊かは本を持っていきますので、気になる方はいつでもお越しください。
100%立ち読みができるのはリアルイベントだけですので。
コピー本でよければ、その場で印刷して本にします。

それでは、今後とも当サークル「げーむよろずや うたたね」をよろしくお願いします。

[告知] 将棋ソフトの世界 創刊号出しました

1/28に出すといいましたが、個人的な理由で1時間ほど早く出しましたw

今回の内容は以下の通り


1か月程度の準備期間でよく詰め込んだなと思います。
実際の内容は見てからのお楽しみということで。

販売先はこちら 1部150円です。
https://czka.booth.pm/items/1788780

また、コピー本版も2020/2/2のゲームアンティークにて5部だけ頒布します。
こちらはPDF版の倍額である300円です。
詰将棋の回答応募方法が少し違ってきますので、それだけご留意ください。

[報告] 隔月刊の将棋ソフト同人誌のタイトル確定 & 大雑把な内容など

Twitterにはちらっと仮のものは出してましたが、タイトルが確定しました。

「将棋ソフトの世界」

です。仮の時のままですw
コンシューマハードのことをタイトルで謳おうかと思ったのですが、スマホアプリやPCソフトも扱わないわけではないのでシンプルにしました。
「将棋世界」という雑誌にあやかってます。

内容に関しては、雑誌を意識した感じにしています。
・ニュース:情報系雑誌の場合、最初に発刊されるまでにあった大きなニュースが書いてあるので入れてみました。基本はソフト発売、発売予定の情報を入れていきます。

・特集:雑誌といえば、目玉になる特集がその号ごとにあります。そういうのを何か取り入れていきます。創刊号に関しては、ちょっと間に合わないかもです。

・機種別リーグ戦:連載物で継続的にやれるものをということで始めました。他機種とのトップリーグ戦を行い、どれが一番強いのかというのが最終目標です。
 本当はフルでリーグ戦を行いたかったのですが、時間がかかりすぎて他のことに手が回らないので今回のような形にしました。
 今年は「対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.1」に載せたソフトが対象です。80年代ハードの最強ソフトはどれになるんでしょう?今後の展開をお楽しみに。自分もまだ結果を出してないので楽しみです。

・今日の1本:コラムなどの代わりにソフト紹介を入れてみました。対局可能将棋ソフト名鑑シリーズに出さないものをメインに書いていこうと思います。

・実践詰将棋:雑誌の最後にある景品付きなやつをやってみたかったので入れました。ポイントが貯まると次回の本は無料(電子書籍版のみ)という形をとります。
 実際に検証中に出てきた場面をベースにした詰将棋ですので、ガンガン解けると強くなれるかも?

今回はPDF版のみリリースしますが、来月出る一太郎を購入するので、ePubやKindleも対応してみようかなと思ってます。
実際に作成して表示してみた都合になりますので、出すか出さないかは実際にソフトが届いてから試して結論を出します。

また、即売会ではコピー本として数部頒布、あとはBOOTHより購入してくださいというスタンスで行く予定です。
コピー本でもいいから紙でほしいという話が多ければ、対応を考えます。その代わり、値段はコピー本で2倍程度、オンデマンド印刷なら3~5倍程度価格が上がってしまうことはご了解ください。

価格は、今回の創刊号PDF版は150円とします。
次号以降はページ数次第ですが、大体200円だと思っていただければと思います。

現在、最後の追い込み中です。
1/28には確実にお届けできるよう頑張ります。

[出展]ゲームアンティーク2020 お品書き

2020/2/2 大阪で行われる「ゲームアンティーク2020」の品書きです。
イベントについてはこちらから

新刊
 あすか120%マキシマ25周年 部対抗予算争奪戦 メガファイトトーナメント観戦のしおり            オールカラー 60P  1000円

オールカラー 60P  1000円

PCエンジンの「あすか120%マキシマ」の入門的な本です。
マニュアルには載ってない全コマンドを含め、一通りの内容をまとめています。
シリーズのコンシューマ機第1弾を覗いてみるのにはちょうどいい感じかなと。

PCE 武田信玄 Tシャツ(L/XL)  各2500円
PCE 武田信玄 トートバッグ    2000円

Tシャツは、以前Twitterのアンケートで需要がありそうだったのでごく僅かですが作成しました。もう次はないかなと思ってますw

既刊
 ・弁慶外伝 非公式ガイドブック~解析編~   2500円
 ・天の声バンク メンテナンスマニュアル    500円
 ・PCE 武田信玄 紹介絵巻 ※残僅か      500円
 ・対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.1        500円

既刊は、過去の記事を参考にしてもらえればと思います。


委託
 サークル:流石商会 より
 FC 本将棋 内藤九段将棋秘伝 アクリルキーホルダー 500円

当サークル初の委託品です。将棋ソフト関連の本を扱ってるってのもありまして。
併せて、同ソフトの紹介も載っている「 対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.1 」を臨時で持っていくことにしました。

あと、まだ未定ですが将棋ソフト関連のコピー本を数部持っていくかもです。

それでは、当日はよろしくお願いします。

[雑記] 2020年 「ゲームよろずや うたたね」の活動予定

あけましておめでとうございます。今年も地道に同人活動を行っていきますので、よろしくおねがいします。

さて、今年のイベント出展ですが、現状決まっているのは
2/2 大阪 ゲームアンティーク2020
ぐらいでしょうか。

まだ日程が決まっていませんが、札幌のゲームトレジャーにも出てみようかなという感じです。

その他は、日程等の調整ができそうなところに出していく予定ですが、基本はBOOTHでの頒布がメインになっていくかもなあ。

あと、出す本に関してですが
2/2 PCE あすか120%マキシマ本
秋 対局可能将棋ソフト名鑑 Vol.3 次世代機+α編(仮)

そして、今年より隔月でDL頒布メインの将棋ソフト関連同人誌を出していきます。
完全思いつきで始めますが、ざっくりいうと「ネタが溜まりすぎて吐き出す先がないから作る」です。
隔月で回せるかどうかはやってみた都合で調整していきます。多分回るはず。

内容はオールドハードも現役機もスマホアプリも込でやっていきますし、ゲームレビューだけじゃなく、もっといろんな側面の内容を書いていけたらなと思っています。

需要がどれだけあるかわかりませんが、まずはやりたいことをやって自己満足を満たすことが重要だと思っています。同人ってそういうもんでしょ?

最初のリリースは1/28予定で、奇数月の28日に出していく予定です。
金額はその時のページ数次第ですが、電子書籍版なら150~200円程度になるかなと思っています。印刷すると300~500円ってところでしょうか。

間に合えば、ゲームアンティーク2020にコピー本として少しだけ持っていきます。

完全に趣味ですが、物好きな方はどうぞお付き合いください。

それでは、今年も「ゲームよろずや うたたね」をよろしくおねがいします。